若い時期から気にしていた、目じりの笑いじわ

私は、目の下にばっちり涙袋のある顔立ちで、笑うと、頬が上がり目尻に深入い笑いじわが出来るのです。
結構若いうちから、小じわが目立っていたので、会社の同僚に(男)「ドモ○○ンリン○○ン」等と冗談で茶化されてました。
でも、特に気にもしてなかったので、お手入れも少し手抜きしてたのですが、やはり、20代半ばを過ぎるとだんだん、ボロが出てきます。
頬の上のしわはどんどん増えて行き、目尻のしわは、より深くなってきました。
飲み会の後なんて最悪です。「超おブス」なんです。
これじゃ、まともに笑えないな、と思っていたら、今度は「しみ」です。
さすがにこれには、ネットで調べ「ハイドロキノン」を手に入れ、集中的にお手入れしました。
ちょっと、ピリピリした感じだったので、きつかったのかもしれませんが、それを塗っているうちは、日に当たってはいけないので、とても気を使いました。
甲斐あって、気持ち程、しみは薄くはなりましたが、しわはそのままです。
気が向くままに、アイクリームやアイパックなどで、対処してきましたが、どれも変わりないので、今は、オールインワンジェル1本に頼ってます。
しわに於いては、年齢を重ねれば出てくるのは当たり前のことと思い、けれども、美白用基礎化粧品で、しみ対策に余念のない今日この頃です。

コメントを残す